カンリブ

ベンチャー管理部15年。現場で巻き起こる生の情報を書きます。

【実録】ベンチャー管理部15年分。

こんばんは!ブチョーです。

f:id:ageojisan:20210207001215p:plain

今回は、ベンチャー管理部で15年働いた記録を時系列で書いていこうと思います。

山あり谷あり、とても濃い15年でしたが、端的に言うと「楽しかった」「ベンチャーに転職してよかった」と思います。

この内容を通じて、ベンチャー管理部に興味を持ってくれる方が増えたら嬉しいです。

ベンチャー0年目 ~なぜベンチャーに転職したのか?~

学生時代、特に目標もありませんでしたが、簿記と出会い人生が変わりました。

1つの取引を2つの側面に分けて、それを左右に集計して残高を一致させる、という流れがパズル感覚で楽しく、のめり込みました。

「こんなに楽しい世界があるならこれで食べていこう!」と決め、日商3級と2級を100点で合格し、公認会計士に挑戦しました。

ただ、公認会計士試験は甘いものではなく、就職も考えて税理士に変更。簿記と財務諸表論に合格し、会計事務所に就職しました。

しばらくした後、高校の先輩から連絡があり「会社を作ってIPOを目指すからうちに経理として来ないか?」と誘いを受けました。

当時結婚をしたばかりで、不安定な創業ベンチャーに転職することは生活面で不安もあり悩みましたが、「こんなチャンスは滅多にない」と転職することを決めました。

ベンチャー1年目 ~ベンチャーに転職~

ベンチャー転職1年目、ちょうど資金調達を行った後ということもあり、同時期に10人ほど人が集められました。

会計事務所からITベンチャーへの転職だったため、「エンジニアの人が何を言っているのかさっぱり分からない」「事業担当者も何を言っているのか分からない」、

そして、「必要なことは自分で学ぶ、吸収する」のが当たり前で、「仕事も与えられるものではなく自分で見つけるもの」といった文化に衝撃を受けました。

そんな中、なんとか勉強して食らいつき、会計・税務の整備、IPOに向けた監査法人のショートレビューを受けて、山ほど宿題をもらいました。

ベンチャー2年目~3年目 ~急成長~

さらに資金調達を行い、事業も人も増えて、会社が急成長するフェーズに入りました。

ひたすら仕事が増え、IPOのための宿題も増え、多忙な日々が続きました。

このままでは仕事が消化しきれないと思いましたが、経理をさらに増やすという選択肢は当時はなく、工夫や効率化で乗り切る必要がありました。

そのため、エンジニアの方にデータベースについて教えてもらい、Filemakerというソフトで経理の効率化を図る仕組みを自前で構築しました。

また、少しでも手間のかかる作業があれば、それを課題管理表にメモし、空いた時間でそれを効率化していくということを繰り返し行いました。

ベンチャー4年目~5年目 ~大赤字に転落~

順調に会社は成長を続けていましたが、依存度の高い商材の売上がほぼゼロになるという事件が起きました。

これをきっかけに赤字額が膨らみ、キャッシュがみるみる減少し、会社として立ち行かなくなりました。

何より人を大事にする社長でしたが、断腸の思いで決断をし、当時関係会社だった会社に転職をしてもらうなど人員整理を行いました。

質素なオフィスに移転し、最低限の人員で再スタートを切りました。

ベンチャー6年目~7年目 ~キャッシュがほぼゼロに~

引き続き会社は厳しい状況が続いていました。

銀行に融資のお願いをしてもなかなか手を差し伸べてくれず、入金があったら支払を行う自転車操業になり、月末になると預金残高がほぼゼロの状態になりました。

そんな中、社長がなんとか出資をこぎ着け、首の皮一枚で窮地を乗り越えました。

ベンチャー8年目~10年目 ~業績安定化~

資金が確保できたことで、銀行からの融資の引き合いも増え、資金が安定化してきました。

新たな事業にも投資することができ、以前のような特定の売上に依存するような体質からも脱却し、業績も安定するようになってきました。

山積みだった監査法人からの宿題も改善し「IPOに向けた管理体制はバッチリ」とお墨付きをもらえるようになりました。 

ベンチャー11年目~12年目 ~IPOの夢が絶たれる~

IPOに向け準備が整い業績も伸びていましたが、ある日社長から会議室に呼ばれ、「とある上場企業の100%子会社になることになった」と告げられました。

つまり、自分にとっては10年かけて準備したIPOの夢が絶たれることを意味していました。

冷静になって考えれば、上場企業の子会社になることで良い面もたくさんあるのですが、当時の自分はそこまで冷静に考えらえず、

ただ大きな目標が急に目の前から消え去ったような感覚で、とてつもない喪失感に襲われました。

全く仕事に気持ちが入らず、入社して初めて退職も考えました。

ベンチャー13年目~15年目 ~管理部長として再スタート~

さらに追い打ちをかけるように、上司だったCFO兼管理部長と、総務/労務/法務担当が退職することになり、管理部門で実質残るのは自分1人になりました。

自分が退職したら管理部が崩壊する、そのような状況の中で「管理部長をやらないか?」という話を受けました。

IPOの夢を絶たれて目標を失っていたため、経理以外の実務を一通り経験できることは魅力に感じ挑戦することに決めました。

社内で経理に向いている方に異動してもらい、引継ぎを行いながら、総務/労務/法務の基本的な実務を覚え、また、子会社化の対応も山のようにあり、倒れそうにながらも、新たな世界への挑戦が楽しく、充実感を感じられるようになりました。

ベンチャー16年目 ~現在~

その後、人事、経理スタッフ、さらにもう一人の人事と管理部のメンバーが増え、組織として仕事が出来るようになり、とても楽しい日々を送っています。

管理部の業務が落ち着いてきたため、これからは会社や組織の成長のための業務を増やしていきたいと考え、財務/ガバナンス/組織について勉強中です。

山あり谷あり、とても濃い15年でしたが、本当に「ベンチャーは楽しい」「ベンチャーに転職してよかった」と思います。